ST-101 chain-stitch 単環縫い

単環縫い ( ST101 ) は、1763年にNEEDLE WORK (手刺繍)の手法として、Denis Diderot(ドゥニ・ディドロ)の百科事典(the Diderot Encyclopedia vol. II, ,フランス)の、Brodeur (Embroiderer) というページで紹介される。

 その後、Barthélemy Thimonnierが1830年にチェーンステッチミシンを発明。
糸はテーブルの下のリールから布を通って有刺針によって引き出され、布の上面に鎖編みを形成する。

 現代のチェーンステッチミシン(ハンドル刺繍等の裏縫い)と縫い目を構成する針、システムがかなり似ています。

 当時、彼は80台近いミシンを作っていたが自らの生計を危険にさらすと感じたハンドステッチを行うテーラーの群によって破壊されたといいます。

Post Details

Category

ARTICLES HISTORY STITCH

Tags

, ,

Date